2017年2月22日水曜日

雪原で出会ったキタキツネ

雪原にキタキツネが2匹歩いているのを見かけました。
 見ていると時折見つめ合っていてとても仲良しな感じです。
 そろそろ春なので恋の季節かもしれません。
 このあと、2匹は遠くの方へ一緒に去っていきました。

 最近は、以前ほどキタキツネを見かける機会が少ないような気がします。
 昨年は、国道沿いにキタキツネが死んでいるのを10匹以上みました。
 それも影響しているのでしょうか。

 釧路湿原を楽しむ釧路湿原カヌーはReRa(レラ)におまかせ

2017年2月12日日曜日

SLからDLへ、ちょっと残念です

先日SL冬の湿原号の運行が開始されと言う記事を書いたばかりですが
 昨日から冬の湿原号の運行がSLからDLへと変更されました。
 これは、SL (C-11-171号)の車輪にキズが見つかり
 運行に支障が出ると言うことでディーゼル機関車へ
 変更となりました。今季はすべてこのディーゼル機関車で
 運行されます。蒸気機関車の運行はなくなりました。
 残念です。

 JR北海道の運行車両は老朽化がはげしくて観光列車の客車車両がたいへんです。
 このままだと修理がきかなくて遠からず運行廃止となりそうです。
 今のうちに乗っておいた方がいいかもしれません。

 タンチョウの撮影をお手伝い、ReRa(レラ)におまかせ

 釧路湿原のカヌーツアーは、ReRa(レラ)へ

2017年2月2日木曜日

SL湿原号はしる

今年もSL湿原が走る時期になりました。
 1月は2回運行で2月は19日間の運行です。
 冬のSLは、煙とはき出す蒸気が目立ち、迫力があります。
 また、黒い車体と雪のコントラストがいいですね。
 年々運行日が減って行くのが寂しいです。
 
 天気がよい日でした。
 カメラマンもこの撮影ポイントには10人近くがいました。
 前後のポイントにも10名くらいがいたので場所取りが結構大変でした。
 いいところを押さえるには、通過時間の1時間以上前には来ていた方がいいようです。
 一瞬で通り過ぎるSL、ファインダーを覗きながらのどきどき感がいいですね。


 タンチョウとSLの撮影、ReRa(レラ)がお手伝いします。

2017年1月24日火曜日

いつもと違うタンチョウたち

伊藤サンクチュアリなど環境省から委託されている
 給餌場とは違うタンチョウたちが集まっているところへ
 来てみました。昼頃到着したのですが30羽近くが
 集まっていました。広い雪原の片隅にいるといった感じ
 です。後ろの風景がいつもとちょっと違っています。
 小グループで集まっているところが他にもいくつか
 あります。

 ときには違った風景でタンチョウの写真を撮りたいなと思い訪ねてみました。
 遠いので普段あまり訪れないところです。
 今日は天気が良くてタンチョウたちもたくさん集まり、いい感じでした。

 寒気が流れ込んでいて列島は至る所で大雪となり大変なことになっていますが
 ここでの朝の気温は、釧路でー13℃くらい、鶴居村でー15℃くらいといつもと同じ。
 先週の方が寒かったですね。
 それから見たら今日は普通です。

 タンチョウを見てみませんか、赤い頭、黒い尾?「?」を解くReRa(レラ)のツアー

 タンチョウを撮りましょう!ReRa(レラ)がお手伝い、撮影ツアー

2017年1月22日日曜日

タンチョウの飛んでいる姿です、アレレ

空をバックに飛ぶタンチョウです。
 ちょうど頭の上の方を飛んでくれたのですがよく見ると
 タンチョウの姿が少しおかしいですね。
 足をのばしていないのです。折り曲げて体に付けて
 飛んでいる姿です。これは寒いので足を体に付けて
 いるのですがこれでは写真としてちょっとがっかりです。
 せっかくいい感じで飛んでくれたのですが。

 この日は、氷点下20℃以下にまで下がった日です。
 飛んでいる時も恐らく氷点下15度前後ではないかと思われます。
 タンチョウも寒い時は、このような姿になるのですね。
 まだ、まだ寒さは続きますのでタンチョウたちはこのような姿で飛ぶのでしょうね。
 

 タンチョウの撮影をお手伝い、ReRa(レラ)におまかせ。


 タンチョウのツアーは、ReRa(レラ)へ

2017年1月18日水曜日

氷が無くなった釧路川

寒波の話題が世間を騒がせています。
 ここ釧路湿原でも寒波の影響で2,3日前はとても寒い
 日でした。釧路川には氷が流れ、その氷が釧路川を
 下流から覆っていきました。この寒さが続いたら釧路川の
 上流まで氷が来るかなと思っていたら、昨日、今日と最低
 気温が氷点下5度荷も届かないのです。おかげで氷は
 下流へ流れていき水面が顔を出しています。

 昨年の冬も氷がなかった釧路川ですが今年も氷が張らないのでしょうか。
 ちょっと前までは、氷点下10度を下回っていたのですが。
 いま前線を伴った低気圧が近づいてきています。
 本州には高気圧があり、その縁を回って暖かな空気が流れてきて
 この釧路地方の気温があまり下がらなくなっているようですね。
 この低気圧のせいで明日の天気予報は、雪のようです。

 釧路湿原のカヌーやネイチャーツアーは、ReRa(レラ)におまかせ

2017年1月17日火曜日

釧路湿原のエゾシカ

今季は雪が多いのでエゾシカは受難の年になりそう。
 まだ、雪の上に出ている枯れ草や木の皮を食べて
 太っていますがこれから雪がさらに降り積もると
 雪の下の枯れ草やササを探すのが困難になります。
 エサ不足となり冬を越すのがタイヘン。
 太っていると言うことはまだ大丈夫と言うことですね。
 この時期、湿原のなかにいるシカがたくさん見られます。

 釧路湿原のカヌーツアーやネイチャーツアーは、ReRa(レラ)におまかせ