2016年7月3日日曜日

夏の到来を告げる花

久しぶりに20℃を超えました。
 初夏を告げる花、エゾノシモツケソウです。
 細岡に通じる達古武湖の横の道に咲いています。
 先月の下旬は、とても涼しい日が続いていましたが今月に入り
 気温も少し高くなりました。エゾハルゼミも陽が出ると盛んに鳴いています。

 釧路湿原も少し静かになってきました。
 小鳥たちの鳴き声、さえずりをしなくなってきたせいですね。
 しばらくすると今度は今年生まれた子供たちが練習で鳴き始めるので、また
 賑やかになってきます。
 今一番賑やかに鳴くのは、エゾハルゼミですね。
 アレキナイ川を通過する時、とても賑やかに鳴いて、うるさいくらいです。

 釧路湿原の釧路川カヌーツアーは、ReRa(レラ)におまかせ 

2016年6月26日日曜日

エゾハルゼミの抜け殻です。

この時期賑やかになくエゾハルゼミです。
 ところが雨で気温の低い日が続いています。
 このため地面からなかなか出てこられないようです。
 先日も昼から青空が急に広がったら一斉に蝉の声が鳴り響き
 かなり賑やかでした。
 今日も雨です。地面からでられないようです。
 
 今日も雨ですが風がないのでカヌーツアー日和です。
 天気が良くても風が吹くと風の強さによりますがちょっと大変です。
 
 今月、雨の日が多いですが風がほとんど無いのでとてもいい感じのカヌーツアーです。
 雨で緑がとてもきれい、そして動物たちとの出会いがとても多いです。
 晴れた日は、なかなかそうはいきませんね。

 
 釧路湿原のカヌーツアーは、ReRa(レラ)におまかせ

2016年6月23日木曜日

小さな花なれど、いがいと

雨に濡れたバイケイソウ。この植物、全体の姿は大きくて
 美しいとは思えないのですが。
 たくさんつける小さな花を大きくして見ると意外な美しさがあります。
 今が見頃なのでルーペを持って行くといいです。
 バイケイソウそのものは、そこいらにあり目立つのですぐに見つけられます。

 今日も1日中、霧雨が降っていました。
 風は、北よりで少し強く吹いていました。
 でも、カヌーツアーには支障は全くありませんでした。と言うのもカヌー乗っている時は
 後ろからの風なのでカヌーを押してくれるし顔に霧雨は当たりません。
 結構快適なカヌーツアーでした。

 明日の天気予報では、日中太陽が顔を出すようです。
 久しぶりの太陽ですが、もう明後日には低気圧が近づいて雨をもたらすようです。

 釧路湿原の釧路カヌーは、ReRa(レラ)におまかせ

2016年6月22日水曜日

雨に濡れる大きな葉

この大きな葉は、ホウノキです。
 朴の木と書きます。皿代わりにもなり、殺菌作用があるので
 これで食べ物を包み朴葉寿司や朴葉餅などに使われています。
 他にはミソを包んで焼く朴葉味噌や葉に乗せて焼く朴葉焼きなど
 があります。

 釧路湿原、雨が続いています。
 今日も雨です。
 毎日の雨で釧路川の水位も上がり細岡カヌーポートは半分水没です。
 所々湿原の中にも水が入り込んでいて、川の氾濫状態です。
 
 この雨、意外な効果があります。
 岸辺や山のみどりがとてもきれいに見えるのです。
 また、雨が気配を消してくれるのか、晴れの日より動物たちとの遭遇が多い気がします。
 昨日も、ヒナを連れたタンチョウの一家が出迎えてくれました。
 雨も時にはいいものですね。

 釧路湿原の釧路川カヌーはReRa(レラ)で決まり!

2016年6月20日月曜日

湿原の森に咲く、鮮やかな色

釧路湿原の森にひっそりと咲く、ヤマツツジです。
 鮮やかなのでひっそりと言うより、存在感があります。
 花のピークは過ぎたようでこの株だけがつぼみをつけて
 いました。夏の訪れを告げる花のひとつです。

 雨に濡れた花、しっとりとして静かな森に似合います。
 釧路地方雨が続いています。
 低気圧のせいで前線のせいではないので梅雨とは違うのですが。
 弱い雨がずーっと降り続いています。
 雨に濡れた釧路湿原、風情があります。
 また、みどりがとてもきれいに見えます。

 風がないのでカヌーツアー、以外と快適です。

 釧路湿原でカヌーツアーをするならReRa(レラ)へ、ひと味違います。

2016年6月17日金曜日

かわいいタンチョウのヒナとの出会い

タンチョウの家族が散歩です。今年生まれたヒナがお父さんと
 お母さんに守られてとことこ歩いていました。
 カメラを向けたらゆっくりと離れていきました。
 
これは上の家族とは別で少し離れている家族です。
 お母さんと一緒に何かをついばんでいます。
 近くに、もう一羽ヒナがお父さんと一緒にいました。

 実は、どれがお父さんだかお母さんだか、区別はつきません。
 勝手に言っているだけです。

 今日は未明から雨が降っています。
 この地方としては、珍しく結構な雨量となっています。
 やはり海岸部の釧路の雨量が多いですね。
 この雨も明日の明け方には止むようです。

 釧路湿原でカヌーを楽しむなら、ReRa(レラ)へ

2016年6月15日水曜日

あれ!ちょっとおかしいぞ。

釧路湿原のキラコタンへ行ってきました。
 ここは、天然記念物に指定されているので立ち入りは許可が
 いります。
 このキラコタンの高台から湿原を見下ろすと、角があるエゾシカが
 いました。この時期、角は落ちて袋角になっているはずなのですが
 不思議ですね。
 エゾシカまでの距離は、かなり遠くて持って行ったデジカメではこれが限界。
 やはり重くてもデジ一を持って行くべきだったかな。

 湿原の中にいるエゾシカをフィールドスコープなどで大きくして見ていると、このように
 角が落ちていないシカを見ることがあります。
 シカの角は、春に体をぶるぶると震わせたり、角を木などにこすりつけたりして落とすよう
 なのですが、角が残っているのは落とせなかったということで、この後どうなるのでしょうか?

 釧路湿原の釧路川カヌーツアーは、ReRa(レラ)におまかせ