2017年6月4日日曜日

ノビタキです。

暖かくなったり、寒くなったりと気温がくるくると変わっています。
 今日もかなり涼しい1日です。
 小鳥たちが相手を探しながら飛び回っています。
 草原を代表する小鳥の一つ、ノビタキです。
 のどの鮮やかなオレンジが特徴でヨシや小枝の先に止まって
 大きな声でさえずっています。
 湿原の木道をゆっくりと歩いていると次から次と小鳥たちに
 出会えます。

 この涼しさは、もう少し続くようです。
 釧路湿原を訪れるときは、天気予報を確認してから来た方がいいですね。
 それから薄いダウンを旅行バックの片隅に入れておくといいかも。

 ReRa(レラ)の釧路湿原カヌーで自然を満喫しよう。

2017年5月15日月曜日

日本一遅い、サクラの開花宣言

昨日、14日に釧路の標本木であるエゾヤマザクラが咲き、
 開花宣言が出されました。
 平年より3日早く昨年よりは4日遅い開花宣言でした。
 でも昨日の最高気温は、8,1℃と寒い1日でした。
 今日15日はさらに7,8℃と昨日より寒い日です。
 咲いている花は、10輪くらいで早く満開になってほしいです。

 それにしても連休後は、寒い日が続いています。
 まだまだこの寒さは続くのでしょうか。
 それでも草木は花をつけているし鳥たちはせっせと相手を見つけるため
 さえずっています。
 木々にも葉が出始めてきたので鳥見がちょっとだけ難しくなってきました。

 ReRa(レラ)の釧路湿原カヌーで自然を満喫しませんか。

2017年5月13日土曜日

ヒメイチゲ

かわいらしい白い花がたくさん咲いていました。
 キンポウゲ科のヒメイチゲです。
 小さな花ですがこの時期ほかに花がないのですぐに見つかります。
 花言葉は、あなたを守りたいということですがそんな風には見えませんね。

 ここ数日は、寒い日が続いています。
 日中も12,3度くらいにしか気温が上がりません。
 我が家の桜は咲きましたが釧路地方では、まだ桜の開花宣言が出ていません。
 我が家の桜はチシマザクラと言って、寒さに強い桜なので標本木のエゾヤマザクラより
 少し早めに咲きます。

 ReRa(レラ)の釧路湿原カヌーで自然を満喫しよう。

2017年5月3日水曜日

釧路湿原の貴婦人、ミズバショウ

湿原の貴婦人といった感じの、ミズバショウです。
 ちょうど今が見頃です。
 白い部分は、花ではなく植物的には萼といわれ、ミズバショウの
 場合は仏焔包といわれています。
 白い部分に包まれているのが花軸です。ここについている小さな
 ブツブツの一つ一つが花なのです。
 全体に毒であるアルカロイドが含まれているので食用には
 ならないです。

 今日は、とても暖かな1日です。
 北海道へ上陸した桜も順調に道東へ来るようです。

 ReRa(レラ)の釧路湿原カヌーで自然を満喫しよう。

2017年4月29日土曜日

ノロッコ号、今日から運行です。

今日から釧路湿原を走るノロッコ号が運行されます。
 雨の予報が出ていたのですが天気は上々、日中は晴れて
 よかったです。連休中は1往復の運行ですが6月からは
 2往復となります。10月までの運行予定だそうです。
 詳しくは、jr北海道釧路支店へお問い合わせください。
 運行されておおよそ20年、老朽化で所々傷みも目につくように
 なってきたノロッコ号です。運休のハナシも聞かれるように
 なってきました。がんばってほしいですね。

 釧路駅を出て5分くらいのところにある、釧路川にかかる鉄橋です。
 客車の車両が4両と少なくなったのでお客さんは8割乗車のように見えました。
 繁忙期は大丈夫なのかな。

 ReRa(レラ)の釧路湿原カヌーで自然を満喫

2017年4月18日火曜日

春一番に出会うチョウ

この鮮やかなチョウは、クジャクチョウと言い羽の大きな目玉模様が
 特徴です。。
 こちらは春先に一番で現れるチョウなのです。
 これは成虫で越冬することが出来るため気温が上がるといの一番
 現れるのです。越冬した場所から出て来るためこのチョウの羽は
 ぼろぼろになっていることが多いです。

 今日(18日)は、この蝶を撮った昨日と大違いの寒い日です。
 関東では、真夏日になるとか言われていますが暴風をもたらした春の低気圧は、
 雪を伴った雨を降らしています。
 今日の気温は、4℃くらいでしょう。
 寒い一日になりそうです。明日もそんなに気温の方は上がらないようです。
 春が足踏みの釧路地方です。

 ReRa(レラ)の釧路湿原カヌーで自然を満喫

2017年4月15日土曜日

こんにちはキビタキ

目の前を黒っぽい鳥が横切りました。
 梢に止まったところを見ると鮮やかな黄色が見え、少し興奮。
 すぐに名前が出てこなくてちょっと焦りました。
 やっとキビタキという名前が出てほっとするまもなくカメラを向けて
 撮りまくりました。
 こんにちは、キビタキくん久しぶりです。
 ここいらでは見かけることが少なく名前がとっさに出ませんでした。
 このように鮮やかな色を見せる鳥と言えばあとはコマドリで
 でしょうか。ほんときれいな色です、しばらく双眼鏡で見ていました。

 これから、釧路地方に小鳥たちが次から次と帰ってきます。
 釧路の短い夏のあいだに子育てをするためですね。
 先日も、オオジュリンを見かけました。
 意外と小鳥たちの声は少なめ、さえずりはこれからでしょうか。

 ReRa(レラ)の釧路湿原カヌーで自然を満喫